豚プラセンタの効果

決して安価な成分ではありません

プラセンタ商品の大半に利用されているといってもいい豚プラセンタですが、 ここで注意しておきたいのが、豚プラセンタの価格と効果に対する認識です。

豚プラセンタを配合した美容商品のなかには、豚以外の原材料を含んだプラセンタ商品はもちろん、 ほかの豚プラセンタと比べても格段に安い価格で販売されている商品もあります。 一概にそうした商品の全てがそうとは言い切れませんが、こうした商品の多くはあまり効果が期待できないものです。

このような豚プラセンタの商品が増えてきてしまうと、せっかく効果のある豚プラセンタ商品も同じ目でみられてしまい、 豚プラセンタと聞いただけで、「豚は要らない」という人も少なくないようです。 しかし、豚プラセンタの中には、高品質で安全性も高く、効果の期待できるものも存在します。

SPF豚って何?

豚プラセンタの原材料として使われる豚のなかには、SPF豚と呼ばれる国産の豚がいますが、 SPF豚とはいったいどのような豚なのかご存知でしょうか。 SPFとは「Specific Pathogen Free」を略したもので、指定された病原体を持っていない豚という意味です。 一般的な農家などで飼育されている豚は、衛生環境も良いとはいえず、プラセンタの原材料としても品質の良いものではありません。

しかし、たいへん厳しい管理の下で飼育されるSPF豚は、菌などに感染する危険性も極めて低く、 プラセンタの原材料としても、たいへん品質の良い豚なのです。

プラセンタを抽出する場合、一般の豚は殺菌処理が必要になり、そのために有効成分が大きく減少してしまいます。 しかし、飼育段階で菌への感染対策をしっかりと実施しているSPF豚であれば、過度な殺菌処理をおこなう必要もないため、 有効成分を大きく損なうこともなく、プラセンタを抽出できるのです。

ヒトプラセンタよりも実は上?!

プラセンタ注射などに使われるヒトプラセンタには高い効果があるとされていますが、 実はSPF豚など、品質の良い原材料を使用した豚プラセンタであれば、有効成分の量や損失度合は、 ヒトプラセンタよりも、高品質な豚プラセンタ(SPFプラセンタなど)の方が優れているといったデータも存在します。

ヒトプラセンタは確かに効果のある成分ですが、医療機関で使用するため、安全には細心の注意が払われています。 このため、プラセンタを使用できるように処理する過程で、有効成分も分解されてしまうようです。

注射をうてる段階のヒトプラセンタと、製品となった段階の豚プラセンタとでは、豚プラセンタの方が有効成分を多く含んでいます。 国外ではデンマーク産の豚は、SPF豚と同じように高品質で安全面にも問題はなく、 プラセンタの原材料として相応しい豚として利用されています。

役立つ情報サイト

男の下半身のサイズの悩みを解決できるのがペニス増大。年齢に関わらず、あきらめずに挑戦し継続することが成功の鍵のようです。

シトルリン、アルギニン、ビール酵母、ガラナなど、100種類以上の成分が配合されたVITOX。男性の強い味方

定期的にエネルギー補給